バイアグラは、初めて全世界に向け、発売されたです。バイアグラもともとは1990年代前半研究した狭心症の治療薬です。ある臨床試験において、バイアグラであるシルデナフィルにはペニスの勃起を促進する効果が発見されました。これでED治療薬バイアグラが誕生されました。

バイアグラは[25mg]と[50mg]2つの規格があります。それぞれ違う量の「シルデナフィル」が含まれています。シルデナフィルは勃起したペニスを萎えさせ、勃起を抑える作用を持つ生体内で環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解を行っている5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) のの働きを抑制する効果があります。ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)阻害剤とも呼ばれています。これが陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることによって機能すると考えられている。この成分の作用によって長時間の強力な勃起状態を維持することが可能になります。

そして、「シルデナフィル」は勃起不全改善するだけではなく、高血圧症にも効果が認められて。「シルデナフィル」が含まれる「レバチオ」という薬は2008年4月より発売されています。国に難病指定されている「肺動脈性肺高血圧症」の治療薬として日本の厚労省から認可されています。