一般的に、薬とアルコールを一緒に摂取することはやめておいた方がよいとされています。薬にはさまざまな成分が含まれているため、アルコールとの組み合わせによっては薬の効果が増強されたり減弱されたり、あるいは副作用が発生してしまったりと規定外の効果が現れることがあります。そういったことから、アルコールとの組み合わせは避けるべきだといわれています。

この点、バイアグラの場合にはそういった医学的な根拠は特に認められていません。飲酒後にバイアグラを服用する、あるいはお酒でバイアグラを服用するといった飲み方であっても、医学的な観点からは問題がないのです。

また、バイアグラに含まれる成分を化学的な観点から見た場合でも、アルコールとの同時摂取は問題ないとされています。バイアグラの有効成分の「シルデナフィル」はアルコールとの相互作用がないため、予想外の効果を発揮することもありません。

それどころか、少量の飲酒であれば嬉しい効果をもたらすこともあります。アルコールには、精神安定効果があります。アルコールを摂取することで脳内神経伝達物質に変化があり、不安や興奮を収める効果を発揮します。

この効果は、医学的に実証されています。なお、EDのなかには精神的な不安から発症しているものもあり、この場合は少量の飲酒によって精神を安定させることでバイアグラの効果を引き出せる可能性があります。

とはいえ、こういった効果が期待できるのはあくまでもお酒を少量摂取した場合のみです。一定以上の摂取は、身体に悪影響を与える可能性があるため注意が必要です。

アルコールを少量摂取することは不安や興奮を収めるために効果的ですが、多量に摂取すると脳の働きを抑制してしまいます。これは男性機能の低下にも繋がり、バイアグラの持つ効果を正しく発揮することができなくなります。

バイアグラが効かないというだけであればまだしも、バイアグラの血管拡張作用によって血流がよくなり、アルコールが一気に身体に回ってしまうという危険性もあります。その結果、急性アルコール中毒や血管疾患を誘発してしまうことも。

また、飲酒した状態でバイアグラを服用すると、若干ながら血圧が低下するという結果も見られており、その後の性行為時に心臓に負担がかかることが懸念されます。

こういったことから、バイアグラを服用する場合は飲酒量を厳密に制限する必要があります。1、2杯程度であればよいとされていますが、自身のお酒の強さなども考慮して抑えるようにしましょう。

飲酒後のバイアグラの服用や、お酒でバイアグラを服用することには化学的・医学的な大きな問題がないとはいえ、それはあくまでも適切な飲酒量を守った場合に限られます。

一定量を超える飲酒を行った場合には、バイアグラの効果が発揮されないだけでなく、重大な症状を引き起こす可能性もあります。命に関わる危険性もあるため、バイアグラを服用する際の飲酒量には十分に注意しましょう。