EDの原因はさまざまな原因が起因しています。ここで、おもに三つの原因を詳しく紹介します。

加齢

歳を重ねると性欲や勃起に対する機能が格段に衰えてしまいます。高齢者の方は加齢に伴い動脈硬化の原因で、血管に流れる血液の量が少なくなっていますので、正常勃起に必要な血流の量が足りないため、勃起力が弱くなってしまうことです。もちろん、いつまでも60代を過ぎても元気に機能している方もいらっしゃいます。

心理要因

精神面から勃起障害や勃起不全の問題もよくあるのが普通です。日常生活における心身のストレスや心理的諸要因が原因で起こる心因性EDも20~40代の若い方を中心に多くみられます。慢性的なストレスや不安、うつ状態なども勃起不全と大きな関係があります。性的トラウマや過去の出来事などの精神にある原因で、性的な興奮が脳からペニスに伝わらないために、勃起障害が起こりやすくなります。

生活習慣病

高血圧や高脂血などの日常生活により起こった病気です。生活習慣病が動脈硬化を引き起こし、血液の循環が悪くなることで陰茎海綿体に十分な血液が送り込まれず、EDが起こりやすくなります。一方、タバコに含まれるニコチンが体の血液の流れを悪くし、長期喫煙の方もEDになりやすいです。す。また動脈硬化と糖尿病はEDに深刻な影響を与えます。